内閣総理大臣認定 適格消費者団体 特定非営利活動法人 大分県消費者問題ネットワーク
設立宣言
組織概要
活動内容
差止め・申入れ情報
お知らせ
会員募集
被害情報提供のお願い
個人情報取扱規程
リンク
大分県生活協同組合連合会
〒870-0278
大分市青崎一丁目9番35号
TEL:097-521-2206
FAX:097-527-4084
Eメール:o-net@po.d-b.ne.jp
差止め・申入れ情報

医薬品であるかのような広告が是正された事例

1 申入れ内容

 大分県佐伯市にて健康食品の販売等を業とする事業者が使用していた広告には、下記のような記載(以下「本件表示」といいます。)がありました。

<本件表示の内容>

  • 「世界一の人参 佐伯の人に特別効きます」
  • 「汚血を治す」
  • (ある漢方薬につき)「約50年間佐伯の人を救った薬」
  • 「認知症(アルツハイマー)に激効する」
  • (ある漢方薬につき)「あらゆるガンに効く」「副作用なし」

2 申入れの結果

 当該事業者は、以後、本件表示を用いた広告を使用しないとしました。

3 ここがポイント

 景品表示法第5条第1号は、優良誤認表示(商品又は役務の品質、規格その他の内容について、消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示し、又は事実に相違して同種若しくは類似の商品若しくは役務を供給している他の事業者に係るものよりも著しく優良であると示した結果、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあるもの)を禁止しています。

 また、医薬品は、厚生労働大臣による製造販売承認が必要であり、その承認がないのに、医薬品であるかのように「効能」「効果」を表示することはできません(医薬品医療機器等法律第68条)。

 健康食品の広告は、消費者にアピールするために様々な表現が用いられますが、その内容によっては法律違反となりえます。似たような広告があれば、当団体宛情報提供をお願いします。

以  上

 
大分県生協連ホーム o-net@po.d-b.ne.jp トップページへ